胃がんリスク検診(ABC検診)とは

ABC検診は新しいタイプの胃がんの検診で、胃カメラもバリウムも飲む必要はありません。
ほんの数ccの採血で行うことが出来ます。しかも、早期胃がんの発見率はバリウムで行う胃の透視検査よりも2倍高いと言われています。

採血した血中の
ヘリコバクター・ピロリ抗体(HP抗体):ピロリ菌が住み着いていいるかの指標
血中ペプシノゲン(PG値):胃の萎縮度の指標
を測定し、「胃がんになり易いか、なり難いか」を診ます。

まずABC検診を受けて、精密検査を受ける必要があるかどうかを判断することができます。
検査費用は下記の通りです。

検査料金 : 4000円(自費)
※別途、診察料がかかります。

胃がんハイリスク検診の判定

ABC検診は、A、B、C、Dの4段階で判定します。

  ヘリコバクター・ピロリ抗体
(HP抗体)
(ー)陰性 (+)陽性
血中ペプシノゲン値
(PG値)
(ー)陰性 A郡 B郡
(+)陽性 D郡 C群

  • A群は、ピロリ菌の感染がなく、胃粘膜の萎縮のない群で、胃がんが発生するリスクはほとんどありません。
  • B群は、ピロリ菌の感染がありますが、ペプシノゲン値が基準値以上(陰性)で、胃粘膜の萎縮が進んでいない群であり、胃がん発生率は年率0.1%(1,000人に1人)程度。
  • C群は、ピロリ菌の感染があり、ペプシノゲン値が基準値以下(陽性)で萎縮の進んだ群です。年率0.2%(500人に1人)程度の胃がん発生率。
  • D群は、胃粘膜の萎縮が進んで、ピロリ菌が住めなくなった胃粘膜の状態です。ピロリ菌抗体が陰性で、ペプシノゲンは陽性となり、胃がん発生率は年率1.25%(80人に1人)。